« シワ | メイン | お迎えがない »

バリ島の伝統

インドネシア、バリ島にはいろいろな伝統行事があります。
そのなかの、お供え物っていうのがあって、これを現地の人は手作りしてるんです。
チャナンといいますが、ツアーでこれを作らせてくれるのがあります。

町じゅういたるところに供えられた、このチャナンを目にします。
この、チャナンの置かれた風景が、バリをバリたらしめていると言っても過言ではないでしょう。

椰子の葉で編まれた小さなお皿の中に、
色とりどりの花・花・花。
毎日つみたてのフレッシュな花々を、ふんだんに盛って、
バリの女性達は、朝に夕に、この小さなすてきな供物を、神々に捧げます。

バリ・ヒンドゥー教の世界では、神々はいたるところに宿っており、
家寺の中の各祠はもちろんのこと、各建物、台所、米倉、井戸、排水溝、門、
車やバイクや自転車などの乗り物、ほんとうに、あるものすべてにお供え物をするのです。

地面には「悪霊」という名の「神様」がおり、
悪さをしないでくださいね、という願いをこめて、
お供え物を置きます。

お商売をしていれば、もちろん商売繁盛の願いを込め、
仕事に使う部屋、道具にいたるまで、お供え物をそなえます。

すごいでしょう?
このチャナンを作る、っていうツアー、たくさんあるのでよかったらいってみてくださいね。
バリ島、いいところですよーー。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.vbvineyard.com/mt3/mt-tb.cgi/49

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年11月01日 04:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「シワ」です。

次の投稿は「お迎えがない」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38